top of page
  • ginzaka

フッカラン日本へ輸出のニュース韓国YTNとMBC


「環境にやさしい農業首都」全南の農産物輸出が活気を帯びています。

新しい品種も育種して輸出までしていますが、種子使用料・「ロイヤルティ」を減らすための国産化もスピードを出しています。


キム・ボムファン記者が報じます。

[記者]

全南ハムピョン郡にある農工団地です。

ハムピョンを代表する農産物加工品が日本への輸出を始めました。

睡眠の質にこだわる方が注目する「ラクチュシン」成分が通常のレタスより124倍も多く含まれるレタスが「フッカランレタス」です。

[キム・チョルファン/チョンナム'フッカラン'レタス生産者連合会長:簡単にお召し上がり頂けるように加工された製品が多くなっています。]

全羅南道農業技術院が開発した機能性レタスは30種類以上の加工品があり、国内外で人気を集めています。

「蝶まつり」を通じて地域の存在を広く知らせ、生態公園の造成に努めているハムピョン。

しかし、ハムピョンはこのような未来の成長動力がなく、「農業政策室」を作り、農業予算を全体の40%以上に増やすなど、農業分野に力を入れています。

[イ・サンイク/全南ハムピョン郡守:農村のフレーム自体を変えなければならないと思います。 生産は農民になるが、流通は行政と農協が十分開拓してくれて…。 .]

全羅南道は自ら育種した韓国産ゼスプリゴールドキウイをフランスに輸出したのに続き、玉ねぎなどの品種の国産化や普及にも力を入れています。 何より種子主権を確立し、差別化で全南農業の競争力を高めるためです。

キム・ヨンロク/全羅南道知事 日本に限らず他国からの関心も多いそうです。]

昨年、全南の農水畜産物輸出額は5億5千万ドルで、生産性の高い農産物はまずは食料品として市場に出回り、機能性を活かして大学と手を取り、医薬品の原料としても開発し、付加価値を加えていく予定です。



[木浦MBCニュース]

安眠効果のある全南機能性サンチュ

「フッカラン」の品種の加工製品がハムピョン郡で

上車式を持って日本に初の輸出道に上がりました。


フッカランサンチュとは

全羅南道農業技術院で8年の研究の終わりに

2019年登録を終えた品種で

メンタルヘルスと睡眠空間に良いラクツシン成分

一般レタスに比べて124倍多くと知られています。

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page